スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成28年度豊田市矢作川研究所シンポジウムを開催します(2月26日)

皆さん、こんにちは!

矢作川研究所のシンポジウムが開催されます。
今年は。。。
もろにアユをターゲットとした内容ですので、とても楽しみですね。
以下詳細を掲載します。

矢作川では昨春に観測史上最多の1000万尾を越える天然アユが遡上しました。本来であればアユの友釣りで賑わう一年となるはずでしたが、中流域では不漁が続き、釣り人の期待を裏切る結果となりました。今回のシンポジウムでは、なぜアユがこれほど釣れないのか、河川の中で生じている現象を解き明かし、今後の対策について提案を行い、みんなで考えます。

日時:2017年2月26日(日)午後1時30分~4時50分
場所:JAあいち豊田 ふれあいホール(豊田市西町4-5)
テーマ:天然アユが元気に暮らす川づくり ~1000万尾のアユが遡上しても釣れない矢作川を考える~

報告「天然アユが暮らす矢作川の現状」
  山本大輔・内田朝子・白金晶子(豊田市矢作川研究所)

パネルディスカッション「天然アユが元気に暮らす川づくり」
 パネリスト
  高橋勇夫(たかはし河川生物調査事務所)
  椿 隆明(アユ釣り師)
  村上哲生(中部大学)
  内田臣一(愛知工業大学)
  赤堀良介(愛知工業大学)
 コーディネーター
  山本敏哉(矢作川研究所)

◆申し込み不要
◆無料

お越しの際はなるべく公共交通機関をご利用下さい。お車で来られる場合は会場のJAあいち豊田南側の立体駐車場をご利用下さい。

◆交流会について
午後5時10分より交流会を開催します(参加費4,000円)。参加を希望される方は2/17(金)までに、FAX(0565-34-6028)もしくはe-mail(yahagi@yahagigawa.jp)でお申し込みください。
会場:大割烹だるま(豊田市西町5-1)
http://www.daikappodaruma.co.jp/map.html

田平
スポンサーサイト

甘露煮の作り方(再)

こんにちは。

矢作川も産卵のシーズンを迎え、
そろそろ終わりですね。
冷凍庫に溜まったアユで「甘露煮」でも・・・
と、思ってらっしゃる方も多いと思いますので、
私が愛用しているレシピをご案内いたします。

最近は色々とアレンジしていて・・・
たまり醤油の代わりに、市販の「ウナギたれ」を使っています。
また、水アメの代わりに、「ハチミツ」を入れると
まろやかな味になって美味しいですよ!
是非、お試しください。


【材料】
焼きアユ:20尾程度
番茶:ひとつかみ
【調味料】
A(1回目)
 濃口醤油:100cc
 砂糖:200g
 酒:100cc

B(2回目)
 濃口醤油:100cc
 砂糖:50g
 みりん:100cc
 たまり醤油:大さじ3
C(仕上げ時)
 水あめ:大さじ3

【作り方】
1・アユは細い竹串を口から尻尾にさして、頭を下にしてこんがりと
  色付くまで遠火で焼き、水分を飛ばすため焼いた後は半日程度
  乾燥させる。
  ガスコンロで焼く場合は弱火でじっくり焼き、尾っぽにアルミホイルを
  かぶせて焦げを防止してください。
2・土鍋などの大きな鍋に、尾を鍋の中央に向け円座に並べる
  (アユは2段になっても構わない)
3・番茶をひとつかみガーゼかパックに入れてバラけないように
  輪ゴムで止め、アユの尾の方(鍋の中央)に置き落としぶたを
  して、落としぶたの上まで水を注ぎ強火で煮立てる。
  煮立ってきたら中火にして約1時間煮つづける。
  途中で水が減ったらアユがつかるまで水をたす。
4・(3)の作業を2回繰り返して、1日目の作業は終わり。
  できれば冷蔵庫でねかせておく
5・番茶を取り出し、水をアユがつかるまで足して調味料Aを加え
  弱火で煮汁が半分くらいになるまで煮る(約30分)
  煮汁が半分くらいになったら火を止め、完全に冷めるまでおく。
  冷えたらもう一度元の量まで水を足して、弱火で煮汁が半分
  くらいになるまで煮る(約30分)
  火を止めて2日目の作業は終わり。
  できれば冷蔵庫でねかせておく。
6・(5)の煮汁に元の量まで水を足して、Bを加えて強火で煮る。
  煮汁が半分くらいに煮詰まったら、Cの水あめを加える。
  煮汁をすくってアユに回しかけながら更に煮る。
  煮汁が1/3の量になったところで火を止める。
  *(6)の作業はつきっきりで仕上げる。
7・完全に冷えたところでアユを取り出しタッパなどに移す。
  煮汁は濾し取って上からのせるようにかける。

今私も仕込み中です。
腹パンパンのメスです。
待ち遠しいなぁ~

椿 隆明

10月16日の釣果

こんにちは。

今日で私、矢作川最終日にします。

場所:広瀬囮屋前の分流
時間:8:40~15:00
釣果:25尾
サイズ:12~18㎝
水況:水位10㎝高で濁りなし
仕掛け:水中糸 複合メタル003号
     針 6.5号4本イカリ(早がけ)
     中ハリス ワンピース0.4号 33㎝

1476601067997.jpg
今日は比較的若いアユが揃いました。
日に日にアユが下がってきていますので、
釣り返しが効くようになっています。
もうしばらくは楽しめそうですが、
私は今日で矢作川最終日といたします。

天然遡上過去最高に見合った釣果が
出なかった今年の矢作川でしたが、
今シーズンも楽しませていただきました。
「ありがとうございました」

お知らせ・・・
広瀬の囮屋ですが、10月23日まで営業するそうです。
営業時間は、7:00~12:00
上流部の囮屋も閉店するところが多くなります。
ぜひ、ご利用ください。

では…皆様、良いお年を!

椿 隆明

10月14日水況

こんにちは。
場所 豊田大橋下流
時間 AM 7:00頃
水況  少し増水(20㎝前後) 濁りナシ
20161014.jpg
昨日と変わっていません、もう少し水位が下がれば釣りやすいんですが・・・
押しも強く、石垢もあり足元も滑りやすいので、
入川される方は気を付けて下さい。
加藤義信

カレンダー
05 | 2017/03 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カウンター
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。